土のう袋のコストダウンをする裏技を伝授!

住宅建築の良い宣伝になる

工事

住居などを建築する際、イメージシートで建造物を覆うことがあります。これは良い宣伝になるため、デザイン性を考えてみましょう。施工業者の社名を目立たせたり、施工例画像をデザインしたりすることで、さらに宣伝となります。

ますます便利になりました

土嚢

土のうは作業現場や突然の災害で多く使われ、水や砂の侵入を防ぎます。袋に石や砂を詰めて完成しますが、最終的に重くなるので昔は運ぶのに大変な手間を要しました。ですが、最近ではより軽い素材を使って軽量化した土のうも広まりつつあります。軽いので突然の災害にも素早く対応することができます。

意外とコストがかかる項目

土嚢

小さな積み重ねでコスト大

事業においてできるだけコストをかけないようにしたい部分として、土のう袋を挙げる方も多くいるかもしれません。趣味で土のう袋を購入するくらいなら、大した差はありませんが、事業だと購入する枚数も多くなります。1枚1枚は少ないコストで済むとしても、事業で年間何枚も購入するとしたら、大きなコストの差が生まれます。こういった小さなコストの差というのは、事業にとって利益を左右する差でもあります。少しでも多くの利益を出すために、どうすればコストを低く抑えられるのか見当しましょう。1年だけでは小さな節約だとしても、10年後の事業では大きな節約効果が期待できるかもしれません。またコスト減においては、期待できる節約効果を試算すると、効果を実感しやすくなります。

購入するお店を選ぶこと

土のう袋のコストを少しでも抑えるために、購入するお店を選ぶことも大切です。業務用のお店を利用するなど工夫することで、安く購入することに繋がります。また土のう袋を選ぶとき、安ければ問題ないというわけでもありません。どんなに安く購入できたとしても、すぐに袋が破けてしまったら買いなおすことになります。頻繁に買いなおすとしたら、安く購入しても結果的には損をします。最終的には損をしたということが無いように、袋の丈夫さも含めて購入する土のう袋を選びましょう。また土のう袋を使う頻度や、入れる土の種類なども考慮して、適した土のう袋を選ぶことも大切です。年中外において使うと、袋も劣化しやすいので注意が必要です。

日本の水害対策

土のう

日本は1年間の降水量が世界平均の約2倍の、世界的にも雨の多い国です。そのため、必然的に水害も多く発生しています。その水害の被害を小さくする、その発生を防ぐために土嚢が用いられます。近年は特に大きな水害の発生が目立ちます。土嚢は日本にとってこれからも多くの役割を担うことになります。